Blog

Aesopが何故あんなにも人気なのか、オーガニック好き美容師が分析してみた。

表参道、原宿のオーガニックにこだわる美容室 Emu Claretの和崎です。

 

いきなりですが、イソップって人気ですよね。

 

ハンドソープやハンドクリーム、もうプレゼントの定番といっても過言ではありません。

 

僕自身も香りが好きでハンドウォッシュやルームスプレー、マウスウォッシュを使っています。

 

今回はなぜイソップがそんなに人気なのか僕なりに解説してみたいと思います。

 

まず人気な理由その1

ある意味番人受けしない香りの魅力

 

まあこれは商品によりますが大体の物にウッド系のブレンドがされてるんですね。

 

ハンドウォッシュにしても、人気のマケラッシュにしても、ヒュイルにしても。

 

 

カルダモンといったスパイスやサンダルウッド、タバコの香り、、

 

僕自身も香水を作るサービスをやっているので分かりますが、これ使うの本当に勇気いるし難しいんですよね。

 

ある意味癖のある香りをシトラス系やフローラル系と合わせて独自の香りを生み出しているのがイソップ なんです。

 

イランイラン、オレンジスイート とかラベンダー、ベルガモット とか皆さん聞いたことのあるアロマのブレンドって皆が好きだし、嫌いな人はほぼいないかわりに記憶に残らないんですよね。

 

イソップはそんなスパイス系やウッド系をうまく使った調香が人気の秘訣だと考えます。

 

でもお寺っぽくて苦手とか、男臭いとかそういった意見もあるみたいなのでやはり人気な商品には批判もつきものです。

 

そして人気のポイントその2

 

パッケージデザイン。

 

 

 

 

 

海外のオーガニック商品によくあるのは遮光瓶にシンプルなラベル。

 

日本にもマークスアンドウェブやthreeなどありますが、このデザインをいち早く日本で流行らせたのがイソップだと思います。

 

置いてあるだけでお洒落。スタイリッシュ、クール。

 

それと同時にインスタ映えと言う言葉が数年前から流行り、イソップの知名度も上がってきました。

 

僕がEmu Claretをオープンしたのが6年前、そしてその3年前くらいに以前働いていたお店の近くに表参道店の1号店がオープンしていたのですがその頃はまだ今ほど人気はなかったように思えます。

 

SNSと共に人気も出てきたかなといった感じです。これが計算されていたとしたら物凄いブランディングです。

 

 

その3

とにかく統一された世界観。

 

ホームページを見ても分かる通り世界観が凄いですよね。

パッケージ同様ページもシンプルだしクール。

 

初めて見た人が買い物したくなる様なページじゃないと思うんですよね。

 

セールもしないし、抱き合わせ販売もないし、買わせる様なランディングページも特にない、

 

ある意味究極にクールに作り上げる事でその世界観が作られて、ファンからしたらそれがたまらなくお洒落でかっこいいんですよね。

 

後、卸売もほとんどしていない様なので横流れもありません。

だからアマゾンや楽天でも定価か、それ以上でしか販売されていません。

海外でもほとんど日本と価格も変わらないので安く買おうとしても買えないところもカッコイイし魅力的なんですよね、、。

 

以上の理由が日本でイソップが人気な秘訣だと思います。僕がイソップから感じる魅力です。

 

ただ美容師目線でシャンプーやスキンケアの成分だけで見ると正直値段と比例していないな、、と言った感想もありますが、先に述べた様にそのブランド力と香りの魅力、お洒落さを考えるとあの値段を払う価値があると思うんですよね。

 

そしてついでに語るとある意味そんなイソップを逆手にとったデザインと香りに作り上げたのがEmu Claretのバターミルク

 

 

スリープオイル

なのです。

 

可愛くて、女性好みで置いてあるだけで絵を飾ってある様な、香りは番人受けする、でも心に残る特別な香りに仕上げています。

 

色々な商品を分析する事で自分達のブランディングのヒントにもなる、

 

また他のオーガニック商品の魅力も今後書いていきたいなと思います。

155 views

Instagram