Blog

【東京エディション虎ノ門、タワースイート宿泊記】アフターヌーンティー、スパ、モーニングを全てご紹介します。

こんにちは!EMUCLARETの和崎です。

お店の改装工事がありお正月以外では2年ぶりの連休というで東京エディション虎ノ門に宿泊してきました

 

久しぶりのステイケーションということでせっかくならいいお部屋に泊まりたい!

ということで

IMG_7994.jpeg

タワースイートを予約

4タイプあるスイートルームの中では唯一東京タワーが見えるお部屋らしいです。

IMG_7995.jpeg

実は最初プレミアスイートを予約していましたが東京タワーが見えないことに気付き、やっぱり東京エディション虎ノ門は東京タワーのイメージが強かったのでホテルに連絡してタワースイートに変更してもらっていました。

事前にどの部屋はどんな景色か調べておく事は重要ですね、、

 

案内されると、ど迫力の東京タワー。

 

目の前すぎて驚きます。写真で見るより実際部屋に立つ方がインパクトありまくりです。

リビングルーム、ベッドルーム、シャワールーム

2人で過ごすにはあまりにも広い!豪華!このお部屋にしてよかったなあと思いました。

ただウェルカムスイーツ、メッセージ、お花が何も用意されていなかった事はマイナスポイントでした。

 

お部屋にアフタヌーンティーを持ってきていただきました

下のロビーバーで提供しているものと同じ

8月だったのでサマーエディションアフタヌーンティー

インルームでいただけるなんて特別感が最高!

フリーフローのサーブはないものの、たくさん茶葉を持ってきてくださったのでよかったです。

ハーブティー2種、ルイボス、イングリッシュブレックファースト、アールグレイと言った感じです。

 

インルームでのアフタヌーンティーはスイートルーム限定だったり提供している期間なども色々あるみたいなのでチェックが必要です。

 

 

18:00にモクテルを注文。リクエストを聞いてくれるみたいだったので

僕はジンジャエールベースで

彼女はミルクティーベースで

とリクエスト。

ドンピシャに美味しい...

バーテンダーの方のセンスに脱帽

黄昏ながらモクテルを飲んでいると


どんどん日が暮れ

18:30

暗くなってきました


なんて美しい...

 

写真でも綺麗ですが肉眼で見たあの東京タワーの迫力と夜景のきらめきは忘れられません。

この夜景を見るためにぜひタワースイートにしてください。。

20:00

お腹が空いてきたので

インルームダイニングを頼みました。

この広いダイニングテーブルでいただきます

ラーメン。笑

本当はお洒落にハンバーガーや野菜カレーなど食べたかったんですが

味噌ラーメン!

エディションはインルームダイニングのメニューが少し分かりづらいため事前にインスタや宿泊記などでチェックしておくほうが良さそう。

 

21:00

湯船に浸かりながらのこの景色

 

今日のステイの余韻に浸りながら

このステイが終わってほしくない!という寂しさを抱きながら

高揚感を落ち着かせるようにゆっくりお湯に浸かりました。

23:00

この時間になると口が寂しくなって来てしまい気がつくとインルームダイニングのメニューを見ていました。笑

デザートをシェア

パッションフルーツのブリュレ

これが一番美味しかったです!

 

5:30

朝日で早く目が覚めたのでロビーへ散歩しに行きました

いつもは人が賑わうロビーも誰もいません。

こちらはアフタヌーンティーで人気の窓際ソファー席。ここに座るのは予約が空いている時でないとなかなか難しいです。

 

こちらはブルールーム。

ブルールームの真上に宿泊していたタワースイートがあるみたいで

景色が同じでした

早起きしてホテル散策は楽しい。

宿泊者の特権ですね

オープン予定のレストランJade Roomのテラス

 

コロナ禍でオープン未定だそうです...

そして

楽しみにしていたモーニング。


朝散歩に行ったブルールームでもいただけますがここもやっぱりインルームで。和食洋食選べましたが

宿泊した方々皆口を揃えて洋食がおすすめと言っていたので洋食をチョイスしました

もう拍手ですね...

なんて豪華なモーニング

ずらーっと並べられた美味しそうな朝食...

幸せです。

アボカドトースト、エッグベネディクト、フレンチトーストが本当に美味しかったです。

このモーニングは宿泊プランに含まれた朝食なんですが決まっていた卵料理のオムレツをそれぞれアボカドトースト、エッグベネディクトに変更できないか試しに聞いてみるとokということで変更してもらいました。

フレンチトーストだけ追加注文したのですがわりと量が少なめだったため、余裕のある方はぜひ課金をオススメします。

後ろ髪引かれながらチェックアウト。

楽しい時間はあっという間...

でもまだ終わりではありません

ペアルームをご用意いただきスパを受けます。

ホテルに行くと必ず受けたいのがスパ。

スパ施設やスパメニューにどれだけこだわっているかでホテル自体の質も問われると思っています。

世界観がここに現れるというか。

東京エディション虎ノ門オリジナルのオイルを使用して施術してもらいました。

ちなみにここのオイルはyuicaというアロマブランドの三津家さんと言う方がブレンドしたもの。

この事を知り僕の経営しているEMUCLARETもこの方にブレンドしてもらい四季のオイルを作ってもらいました。

そして肝心のスパの内容。

コンフォートマッサージというメニュー。

ロングストロークという流れる様な手技で全身を流すテクニックのマッサージ。圧をかけられるのが嫌いな方にオススメです。

よかった点は、空間がシンプルなのに居心地が良い、シャワー、トイレ、ロッカールームが部屋にありそこで全てが完結するタイプ。

上手い、丁寧。

 

気になった点はメインのアロマの香りを嗅ぐのが最初だけ。出来ればオイルにブレンドするか、せっかく選んだので香りを焚くかしてほしかったなあと。

後はレセプションが狭めで他のお客様と少し被った事。

ですがトータルして満足でした。

終わった後は金平糖とほうじ茶

テラスでもリラックスタイムを楽しむことができます。

14:00

最後にバーに寄って帰ります。

 

高級ホテルでは様々な事を学ぶ事が出来ます。

受付、電話の対応からチームワーク、そしてインテリアやアメニティのセンス

東京エディション虎ノ門はまだオープンして1年くらいですがとても人気なホテルとなっています。

スタッフ一人一人の丁寧さ、チームワークが取れていない所はあったとしてもお客様になんとか喜んでもらおうと言う本気の姿勢を感じる事が出来ました。

僕がお店を選ぶ時は何か自分のお店に役立てそうな箇所があるかどうかで判断しています。

今回もスパから良いヒントを得たり、エディションのお水が紙パックで新しい事を思いついたり、lelaboとのコラボプロダクトの香りに刺激を受けたりとても良いステイケーションとなりました。

 

 

こちらのyoutubeに、お部屋の全貌、インルームアフターヌーンティー、スパ、モーニングと全てご紹介しておりますのでぜひご覧下さい!

 

 

 

57 views

Instagram