Blog

オリジナルシャンプーとかって誰でも作れるの?と言う話。

通常、ヘアサロンがオリジナル商品を作る際はoemと呼ばれる作り方で作ります。

 

oemとは2種類あり

1つは化粧品製造販売業許可を持っている会社が作った製品を自分達のブランド名で代わりに販売をさせてもらう事

 

もう一つは製造自体を委託し代わりに作ってもらう事です。

 

美容室のオリジナルシャンプーを作っているところは実は1つ目の様な所も少なくありません。

 

中身にこだわりも何もなく、ただ自分のお店の名前のラベルを貼ってオリジナルです!と販売したいだけなら1がかなり安くすみます。そしてまじで誰でも作れます。多分最短2週間とかで完成します。

中身は同じだけどラベルがオリジナルだからお客様からしたらオリジナル感ありますし。

巧みなのは香料だけ変えてしまえばオリジナル感出るという事。騙されてほしくないのは商品の説明にはアロマを使用してます!って買いてあっても最後に香料と書いてあればアロマは多分ちょっとしか入ってなくて残りは比較的安価な合成香料で香りをつけてます。

 

また、後はオリジナルシャンプーが簡単に作れますよ!ってOEM会社の営業マンがゴリゴリ推してきたりもします。

 

もちろん僕たちはこだわって原材料から考えるので2の方法をとります。

 

では自分達で化粧品製造販売業許可を取れば良くない?となりますが、それは頑張れば出来ますがほぼ不可能に近いです。

まず薬剤師を雇う必要があり、自分達の工場も作り、多くの資格や資金が必要となるからです。

例えば本業が化粧品を売る仕事だとしたら化粧品製造販売業許可をとりますが僕達は美容師なので上手くやるにはOEMが一番という事なのです。

そして、なぜEMUCLARETの商品は良いものばかりなのかには実はここにも理由があります。

OEMを作る際、間にOEMを代わりに委託しますよと言う仲介業者が沢山います。

つまり、

売りたい人⇨仲介業者⇨製造者

やりとりがこんな流れになっちゃう事がほとんどです。

 

でもこれって誰が作ってくれてるのか分からないし仲介業者が開発者ほど詳しくないなんて事はめちゃくちゃ沢山あります。

僕達の場合は日本漢方医薬研究所の片山智子さんと言う開発者と直接やりとりをして作ってもらっている事が最大のメリットだと言えます。

 

仲介業者を通さずに、直接開発、製造者へ想いを伝え、向こうからの想いを聞いて何度も試作をし修正を繰り返し、

こうして素晴らしい商品が作られていくのです。

もちろん買う方からしたらこんな背景を知るよしもないと思うんです。

例えば1の方法で作ったヘアケアもコスメ系のユーチューバーやTwitterである程度バズれば秒速で売れていくはずです。 

じゃあそれをまたリピートするのか、何年も使い続けるのか?

それは分からないと思うんです。

でも本当に良いものをこだわって作ってれば必ず使い続けてもらう事が出来ます。

こんな思いで僕達は開発を行っています。

 

来年に考えているプロダクトは普通あまり使わない様な、でも確実に皆さんが好きな精油を使った癒しの商品を考えています。

 

お楽しみに!

128 views

Instagram