コラム

美容室で話したいのか話したくないのか、そこじゃなくて

度々話題に出る美容室での会話。

美容室では話したくない という方も結構アンケートで出てる様なのですが、そもそもこのアンケートが謎。

決まってて何十年も行ってるサロンがある人なのか、よくサロンを変える人なのか、話すのが好きな人なのかそうじゃないのか

 

聞く人によりけりなのであまりあてにならないと思う。

 

ちなみに僕はたくさん話してくれる人とは話すし、ゆっくり過ごしたそうな方にはゆっくりとした少ない声掛け程度にしかしない。

image

完全に空気に合わせてしまうかもしれません。

 

話す、話さないで考えるから 話したい 話したくないっていうアンケートとか出てしまう訳で。

話したそうな人には話せば良いし、そうじゃない人には必要最低限の髪の毛のアドバイスにしておくといいかなぁと。

image

 

そもそも僕ら美容師が話したい人柄、お客様から話したくなる距離感だったり

愛されキャラだったり

まずそうである必要があるなぁと。

image

これがないと、美容室で会話をしたい、したくない ではなく

その美容師による

 

という解答が正しいと思う。

 

なのでアシスタントだったりに指導する時は一言もお客さんと話していなくても、それが空気として正解なら何も言いません。

それでも乾かし終わった後に一言

可愛くなりましたね

image

って笑顔で言ってスタイリストに受け渡す方が、べらべらいらない話をするよりは好印象。

 

難しい話題ではありますが自分はこんな考えです。

話すか話さないか意識せず空気を読む事。

徹底します。

995 views

Instagram