Blog

香水は自分だけが満足する物ではなくて人からどういう印象を持たれるかを考えるべき。

表参道、原宿のオーガニックにこだわる美容室 Emu Claretの和崎です。

最近サロンの受付にシーズナルアロマを使った香水を置いてます。

 

これ何なのかと言うと、簡単に言うと季節に合わせた香りを僕のセンスでブレンドして香水を作った物です。

 

何故受付にあるのかと言うと、シュッと吹いて良い香りのままお出かけしてもらいたいって言うのと、アロマを使った香水の素晴らしさをもっと知ってもらいたかったから。

 

今回はwinter blend。 ネロリ、オレンジスイートの優しい甘さに、フランキンセンス、ジンジャーリリーの上品な香りをプラス。 ローズウッドで森林にいるような穏やかさを表現してみました。

 

お帰りの際に気軽に試してみてもらいたいです。

僕自身が強い香りの香水が苦手なのですが、この様な植物のアロマを使った香りは強めにブレンドしたとしても全然キツくないんです。

 

 

香水って意外と良い香りだなと思ってつけてても周りからしたらキツイな って思われる可能性の方が高いんです。 高級な香水ほど価格も高い割に人から良い思いをされない これって何だか悲しいですよね。

Emu Claretの香水作りなら100%天然のアロマを使い自分の好きな香りが作れます。

更にアロマなので人に不快感を与えません。

例えると高級ホテルなどに入ったときふわっと良い香りがする事ってありますよね? あれは空間アロマデザイナーという方が空間に合わせてアロマをブレンドして作った香りなのですが臭い、きついと思う事ってそうそうなくないですか?

つまり、アロマは人に不快な思いを与えるどころか良い印象をつけられます。

 

更にはどの様な印象を持ってもらいたいか、それによって使うアロマを変えていく事が可能です。

 

こんな感じでとってもEmu Claretで作るアロマの香水には魅力があります。

 

まずは受付に置いてあるアロマフレグランス、ぜひお試しください。

 

165 views

Instagram