Blog

コロナで売上が落ちても攻める理由。

こんばんは。

Emu Claretの和崎です。

 

最近【Emu Claret Home】というブランドを立ち上げました。

経緯に関してはこちらでも語っていますが

 

 

同時にハンドサニタイザーをリリース。

 

2月から手指消毒をお客様にお願いしていたのですがその時に使っていた手作りしたハンドサニタイザーが大好評で。

 

欲しいから作って!

と言うお客様の声から生まれました。

この様に顧客の方からの声は本当にヒントになります。

 

ヒントと言うかもう正解じゃないですかね。

本当は言われる前に作るべきでしたが、やはりアロマをもっと気軽に楽しんでもらえる ヘアケアに限らずそんなアイテムが欲しかったしこれからも作っていきたいと思いEmu Claret Homeを立ち上げました。

 

ハンドサニタイザーを作ったのも、ただこの除菌ブームに乗ったのではなくこういった想いからでした。

 

今は第二弾の商品としてオリジナルのリードディフューザーの開発を進めています。

またyoutubeでも語ろうと思いますが、

 

コロナで4月の売上は約半分になりました。

 

5月は少しずつ戻って来ましたが、貸し切りで営業しているのでどうしても昨年は割ってしまいます。

 

こんな状況でもまだ僕達はかなりマシな方だと思うし、来て頂けているお客様のために喜んでもらえる努力をしないといけません。

お金は資金調達や、持続化給付金など、マイナス分は全然まかなえます。むしろ借金を抱えますが一気に数千万が口座に入る訳です。これはチャンスでもあると。

完全に元に戻るか不安はあるからこそ通常ここは引いて経費を削減して、、そういう時期だと思います。

ですが僕にとっては、売上が上がったからこれをやろう、売上が下がったから経費を抑えるためにこれをやめよう

というのはお客様には関係ない事だとも思っています。

常に喜んでもらえるサービスを行い続ける事が大切です。

関係ないかもですが、高級ホテルのサービス内容や質がコロナ後に変わっていたらがっかりして逆にもう行かなくなると思います。

だからこそきっとそういうホテルやレストランも上手く資金調達、そして工夫して努力して乗り切る姿勢を見せてくれるところも多いはず。

この厳しい時期を経験したからこそ色々な大切さに気が付きました。

 

もちろん緻密な資金繰りが必要なのでむやみやたらにお金を使ったり新しい事を始めれば良いと言う訳ではありません。

 質を落とさずに、お客様には直接関係のない削れる箇所はとことん削り、新しいことにはお金をかけてどんどん投資する。

 

今回僕なりの攻めとしてまずお店で出すドリンクメニューを一新し、高級な茶葉を揃えました。

美容室のドリンクメニューってこだわってるところも沢山ありますが、ここまでの茶葉を使ってるのはきっとEmu Claretだけだと思います。笑

 

そしてハンドサニタイザーの製作、オリジナルシャンプー、リードディフューザーの製作と進めています。

 

髪の毛を可愛くして、綺麗にして喜んでもらう

 

これはもう当たり前です。

 

だから、絶対可愛くします!って言う美容師の言葉を聞くと凄く違和感と気持ち悪さがあるんですね。

"オーガニックサロンでアロマの香りで心から癒して元気になってもらう"

何度も言ってますがこれが僕の目指すところです。

そのためには今行っているオリジナル商品の開発は欠かせません。

ハンドサニタイザーを買わない方にもサロンで使ってもらえる事が出来るし、リードディフューザーは自宅でアロマの楽しみ方を提案出来る。

この自分が目指すアロマを取り入れたブランディングはどんな時でもブレずに今後、時間をかけながら構築していきたいと考えています。

 

攻撃は最大の防御という言葉がありますが、今後勝てそうな見込みがあるからこそ、今こそ守らずにどんどん攻めます。

どうぞお楽しみに!

173 views

Instagram