コラム

何でも売ろうとされると冷めるよねって話。

特に店販に力を入れよう!ってなった事とかないのですが昨年より比率が大きく上がりました。

 


これは自分的に解析すると
店販は”売る物”ではなくて”売れる物”だという考えを持ってやってきたからかなと。

 


単純にその人に確実に必要だと思った物ならそれを説明するし、その魅力が伝われば売れるし売れなくてもとりあえず知ってもらえるだけでいい。

 

”売れる物”になる瞬間って、物凄く髪型に満足した時だったり、仕上がりを可愛いと思ってもらえて家でも再現したいなって思ってもらえたり、そんな瞬間。

img_9905

物が売れると言うよりはそういった感動だったり、自分でも髪の毛綺麗に出来そう!
という想いになってもらう事が売れた と言うか。

 

”売る物”にしてしまうとそういった感動とかが残らないと言うか。

 

よく買い物をするとクレジットカードの入会を勧められます。
あれもノルマがあったりすると思うので誰にでも声をかけますよね。なので嬉しいとか絶対思いません。

 

美容院で言うと、シャンプーキャンペーンとか洗い流さないトリートメントキャンペーン とかそう言うのも微妙だなって。

 


売ろうとしてるんだな って感じ取ってしまうと言うか、

僕の場合はそういった瞬間って冷めちゃいます。

 

 

 

後は自分自身がどれだけお客様に信頼されているかも店販比率に関係してくるんじゃないでしょうか。


この美容師さんが紹介してくれた物なら絶対自分に合うものに間違いない

 

って思ってもらえるくらい自分の事を信頼してもらえているか、も数字に現れるんじゃないかな。

 

 

そこに至るまではやっぱり、売ろうとするのではなく自然と売れるくらい その人だけのストーリーを作ってあげてその中に商品を入れ込んだり感動を与えたり、日頃からブログで発信したり。


ちなみに今お店でもオンラインストアでも

 


 

 

1番売れてるのはシャンプーとかではなくオリジナルグラノーラです。笑

 

img_9713


これも日頃から食の大切さやオーガニックについて語っているし想いが伝わっている部分があると言うことかなぁと、

 


後は普通に美味しいからっていうのもある。

本当にその売れた物が良いと思われる事も重要なポイントですよね。

 


これからも売ろうとするのではなく、自然と売れていくというか、お店も宣伝 宣伝ではなく自然と売れてく、広がってくというか


そういったきっかけを作るためにブログやインスタに力を入れながらやっていきたいです。

 

578 views

Instagram