Blog

皆から嫌われるアロマ"パチュリ"こそ必ずブレンドした方がいい理由。

Emu Claretの香水作りがとても好評なので香りの種類をどんどん増やしています。

 

一般的に人気な香りはオレンジスイート、イランイラン 、ベルガモット 、ラベンダー 、、

 

皆さんも聞いたことのある、馴染みのある香りですよね。

 

もちろんこの香り達は良い香りなのですが、実は皆さん知らないだけで、もったいない事をしているかもしれません。

 

パチュリという精油はご存知でしょうか?

 

わりとこの香りを嗅ぐと皆さん、

 

癖のある香りですね〜

なんか土っぽい

 

こう言います。でも、とても合ってます。笑

 

実はパチュリってさまざまなハイブランドの香水にもブレンドされるくらい重宝されている香りなのです。

 

 

色気のある香り、お洒落な香り、ロマンティックな香り、、必ずといって良いほどパチュリは使われます。

 

こんなにも癖のある香りと呼ばれるのに、お洒落な、印象に残る香りにするには欠かせない香りなんですね。

 

それはなぜかと言うと他の香りとの相性です。

 

例えばバニラなどの甘い香り。

またはイランイランなどの官能的な、甘い香り。

この様なアロマとブレンドすると甘さが上手く抑えられつつ、甘さ×土の様な、墨汁の様な濃厚な香り

ラベンダーやゼラニウムなどとは違った物凄く心からリラックス出来る香りが完成します。

 

またはジンジャーやフランキンセンスなどの香りとブレンドすると、とてつもなくファッショナブルなお洒落な香りがします。

 

言葉で説明するのが難しいのですが、、

 

他のどの精油同士をブレンドするよりも、パチュリをブレンドした香りは世界観が出しやすいというのでしょうか。

 

と同時に扱いがとても難しい香りとも言われ、アロマセラピーの中ではブレンドから避けられがちです。笑

見た目は普通の葉っぱなんですけどね

後インドでは昔から虫除けの香りとしても使われ、アロマセラピーでは傷などの炎症を抑える効能を生かし昔から愛用されています。本当に凄い精油なんです。

 

 

Emu Claretの香水作りでは僕はパチュリをオススメする事もとても多いです。

 

作りたい香りのイメージから他の香りとのバランスを見つつ、世界観を出します。

ついつい見放されがちなパチュリ。

上級向けな香りですがとんでもなく素晴らしいアロマでもあります。

8月いっぱいまではEmu Claretのご来店された際のファーストシャンプーにはこのバニラとパチュリをブレンドしています。

ぜひ香りを体感しにいらしてください。

 

 

そして香水作りにパチュリをブレンドしてみませんか?

お待ちしてます。

116 views

Instagram